婦人

うつ病患者は病院を活用

相談

様々な役割があります

うつ病にかかっている人が精神科や心療内科の病院を利用する第1の目的はうつの状態をチェックしてもらう事には間違いないですが、うつ病のチェック以外にも様々な目的が考えられます。まず一番の目的は薬剤を処方してもらう事です。うつ病は薬剤をきちんと服用する事で状態がかなり改善されます。また薬剤にも様々な種類があり、医師が薬剤の効果をチェックしていく事で患者個人にあった薬剤の量を確認して行く事になります。次にデイケアや障害福祉サービスを利用するための手続きを取ってもらう事です。デイケアとは精神科医の指示で通院する在宅医療サービスで、こちらに通所する事で日常生活のリズムを再構築したり、友人関係を再構築したりします。デイケアには精神保健福祉士・作業療法士・精神科専門の看護師などごおり、日々患者の状態をチェックしています。このようなデイケアを利用するためには主治医に処方箋を記載してもらうのと同時に、公費負担の手続きもしなければ行けないです。精神科病院にはこのような手続きに慣れている精神保健福祉士が在籍しており、そちらに手続きの方法を確認する必要があります。次に障害福祉サービスですが、掃除洗濯などや食事の作成などの家事援助や作業所などの手続きを取ってもらうための段取りを依頼してもらう事になります。こちらのサービスを利用した方が良いと主治医が判断した時には利用を促進する事になります。しかしうつ病患者だけで出来るものではなく、こちらのサービスを利用するためには市町村が指定している相談支援事業所に所属している相談支援専門員にサービス等利用計画の作成を依頼する必要があります。精神科の精神保健福祉士は相談支援事業所に所属している相談支援専門員とも日頃一緒に仕事をしており、必要であればすぐに計画の作成を依頼する事が出来ます。また相談支援専門員はサービス利用等計画を作成するに当たり、サービス担当者会を実施しますが、その際に精神科病院に勤務している相談支援専門員からサービス担当者会への出席を求められる場合があります。その時に精神保健福祉士は主治医の意向や、うつ病の状態を相談支援専門員などのサービス担当者会に出席している人に対して説明するのも一つの役割です。また精神科病院は電話相談などを通じて、精神面の安定に努めるのも役割の一つです。自治体によっては夜間などに緊急相談窓口を設置している場合があり、そちらに電話したら精神科医師や精神保健福祉士・精神科専門の看護師などが相談に乗ってくれます。そのような電話相談で落ち着けばそれでも良いですし、落ち着かない時には夜間の緊急受診に対応している精神科専門の病院に繋ぐ事もしています。精神科病院によっては訪問看護を行なっている時もあります。こちらも精神科医師の指示が必要で、自宅に看護師や精神保健福祉士が訪問してうつ病患者の状態をチェックしていきます。万が一状態が悪くなるとすぐに医師に相談して薬剤を調整してもらいます。場合によっては医師が訪問して往診するパターンもあります。精神科病院にはこのような役割があり、日々うつ病患者のために思考を凝らしています。