うつ病をチェックしてみる

男性

病気の原因をチェックしたい

現代は、職場や学校、家庭でもストレスの多い生活をしている人が多く、増加傾向にある精神疾患のひとつです。気分が優れず、落ち込みやすいと感じたり、テレビや映画、スポーツ、読書などの趣味が楽しめなくなったり、人と会ったり外出をするのが億劫になる人が多いです。気になる症状が2週間以上続く場合は、精神神経科や心療内科を受診して、医師による診察やカウンセリングを受けて下さい。うつ病をチェックするために面談を受けたり、問診票などに正確に記入しましょう。うつ病は午前中は気分が優れず職場や学校に行けなくなったり、寝起きが悪くなる人もありますが、夕方から夜になると少しずつ調子が良くなる人が多い傾向があります。精神神経科では、経験豊富な医師が在籍をしているので、時間を掛けてカウンセリングを行いうつ病チェックを受けられるので、まずは受診しましょう。明るい性格で人と会うのが好きな人が、部屋に閉じこもりがちになったり、仕事や家事に集中できずミスが増えたなどがある場合は、チェック項目に記入しておくことが大事です。うつ病は若い年代の人から、高齢者まで罹る可能性がある病気なので、気になる症状が当てはまる場合は精神神経科でチェックをしてもらい、病気の原因を調べてもらえます。適応障害はうつ病と似た症状が見られますが、ストレスの原因がなくなると、自然治癒をすることもありますが、うつ病の場合は気分が優れない状態が長く続くのが特徴です。うつ病に罹ると健康面でも悪影響が出てくるので、きちんとチェックをしておくことが大事です。首の痛みや肩こりがひどくなったり、下痢や便秘を繰り返したり、食欲が低下してしまったり、睡眠障害が見られる場合は早めに受診して下さい。病気に罹ると、睡眠障害が見られることが多く、寝つきが悪くなったり、早朝や夜中に覚醒をしてしまい、充分に眠ることができず、昼間に眠気を感じることが多くなり生活に支障が出てきます。治療をせずに放置をすると少しずつ症状が悪化してしまうので、同居している家族に変化が見られたら、一緒に病院やクリニックに付き添ってあげましょう。地元で評判の高いクリニックや病院を選ぶと、清潔で明るい雰囲気の診察室になっており、完全個室で診察が受けられるので、安心して通院できます。病気が診断されると抗不安薬や抗うつ剤、睡眠導入剤などを処方してくれるので、しばらくは続けることが大事です。薬を続けていると少しずつ辛い症状が改善してきますが、医師の許可なく、中断したり、減薬をするのは避けることが大事です。家事や仕事、学業に影響をしている場合は一時的に休学や休職をしたり、入院による休息が必要になってきます。現代は優れた医薬品が開発されており、認知行動療法や音楽療法、作業療法などの治療も受けられるので、入院は有効な治療法です。比較的症状が軽い場合は、必ずしも入院が必要ではなく外来による治療が受けられるので、治療費を抑えられます。うつ病は几帳面で真面目な性格の人が罹りやすいですが、誰でも罹る可能性があるので、気になる症状が見られたら病院でチェックを受けましょう。早めに治療を受けることで、社会復帰が可能な病気ですから焦らないことが大事です。

看護師

うつ病による症状

誰でも眠れない日とよく眠れる日がありますが、うつ病の初期症状としての不眠はまた別です。眠れない日が1週間以上続いたら注意した方がよいと言われています。自分の睡眠をチェックしてみましょう。

相談

うつ病患者は病院を活用

精神科病院にはうつ病患者の状態をチェックするだけでなく、様々な社会資源を紹介したり訪問したりして、うつ病患者の状態が悪くならないように様々な工夫を凝らしています。

病院

チェックして気付こう

仕事やプライベートの環境の中で知らない内に精神的な苦痛を得ている人はたくさんいます。うつ病は、自分自身ではわからないものです。精神的に強いと思っている人こそ、定期的な精神的なチェックをするべきです。